私は、中学生の頃に家庭科の授業でカギ編みというものを習いました。
当時、私は不器用で決められた期限内まで完成させることが出来ませんでした。
あれから何年も経ち、たまたまテレビでカギ編みの特集がやっていて、見ているうちに未完成のレース編みのことを思い出しました。
次の日、私は近所の手芸屋さんに行き、レース編み用の糸を買いました。
YouTubeのレース編みの動画を見ながらレース編みを始めたのですが、不思議なもので、あれから何年も経つのに編み方を覚えていました。
大人になってから私の手先は器用になったようで、2週間で直径20センチのレースが出来上がり、達成感がすごくわきました。
それ以来、私はすっかりカギ編みにハマってしまいました。
最初は、リボンや正方形のコースターを作っていたのですが、今はペットボトル入れや編みぐるみを作れるようになりました。
中学生の頃の私が、レース編みを完成させていたら、大人になってからこんなに素敵な趣味が出来なかったと思います。
未完成で終わらせた中学生の自分に感謝したいです。