子供の体調不良を見分けるのは難しいものですね。

朝ごはんを食べていたら、3歳になったばかりの娘が顎の辺を指差しながら痛い痛いと訴えてきました。そう言えば昨夜よくクシャミをしていて風邪を引かないと良いなと思っていたところだったんです。喉が痛いの?と聞くと痛いと返事をするので近所の内科に連れて行きました。数日後、旅行を企画していたので早期対策をしなくてはと思ったんです。
とりあえず咳と鼻水の薬を処方してもらい帰宅しました。薬を飲んだところですぐに良くなるものでもなく、痛みを訴えて食事がきちんと出来ないのがとても可哀想でした。しかし発熱や鼻水が出るわけでもなく大した風邪じゃなさそうで良かったです。
寝る前に歯磨きをしていた時のことです。また痛い痛いと顎を押さえるので、何も飲み込んでいないのに変だなと思って口の中を見てみました。すると下唇の裏に大きな口内炎があるじゃないですか。なるほど風邪薬なんて効かないはずです。内科の先生もいい加減だなと思いました。子供でも口内炎になるんですね。歯医者に連れて行って薬をもらうことにします。

咳をする人が苦手で病院に行くのも一苦労です。

私は人の咳が苦手でずっと咳をしている人の近くに行くと気分が悪くなって冷や汗が出てしまいます。私は持病で病院に通っているのですが咳をする人の隣にいると冷や汗が止まらなくなって泣きそうになります。本当に咳エチケットという言葉があるくらいなので気を使ってほしいなと思います。待合室の待機がとても苦手で苦痛で仕方がないです。でも薬を飲まないと再発してしまうのでしょうがなく通っています。今は少し慣れたかなと思っていますが怖い時は旦那さんに休みを取ってもらって病院に行くようにしています。咳が出るならマスクをつけてほしいなと思いました。旦那さんも私の苦手な事が分かっているので「車で待っている?」と気を使ってくれます。本当にたえれない時はそうさせてもらっています。もしかして私が臭いから咳をするのかなと疑ってしまって緊張マックスになるのが悩みです。病院でその事を相談すると関係念慮ですねと言われました。何でも自分に繋げて考えてしまう事をそう呼ぶそうです。債務整理 今すぐ 電話相談

Unityで修正しようとしたことがことごとく上手く行かなくて諦める

昨日の午後はここ最近いつもやっているUnityでの制作をしました。
一昨日にUnityの使い方に関する記事を書いていたのですが、参考にするためのスクリプトの不具合を少しの手間で直せるのではないかと思い修正を決めたのですが、こうすればいいのではないかと思ったことがことごとく上手く行かなくて残念でなりません。
アニメーションの遷移なのですが、各アニメーションごとに自由に移動できるようつなげるとなぜかそれがずっと作動してアニメーションが変になります。
遷移が上手く行かないのは静止状態のアニメーションがあるせいだとそれを外すと、なぜか人型オブジェクトが半分床に埋まったりしました。
なんでそうなるのかさっぱり分からないのですが、これは早々解決できることではないと思いまた記事の執筆に戻ります。
いずれどうしたらいいのか分かったらそれを修正する記事を書くことにしましょう。
今回は移動と簡単な攻撃とジャンプしか設定しないのですが、いずれは武器や魔法を使ったり空を飛ぶようなモーションをつけたいものです。http://www.stsimonc.org/

裏表のない正直な発言はやはり面白いです。

元プロ野球選手の新庄剛志さんが引退して10年ほど経ちますが、このところ久しぶりに日本でテレビ出演をされているようでよく見かけます。現在はインドネシアのバリ島に住んでいるということですが、何年か前にテレビ出演してこれまでの野球人生や自身のお金にまつわる話を話していました。現役時代は本当にお金に無頓着だったようで、管理を身内の人にお願いしていたところ騙されていたということも暴露されていて波瀾万丈な人生だったそうです。
何年か経って再度日本のテレビに出演していた時、少し顔の印象が変わったなと感じていると突然自ら「僕、整形したんですよ」と告白したり、現役時代の話を包み隠さず正直に話していて驚くこともあります。けれど、裏表なく正直な発言は嫌味がなく見ていてこちらも気持ちの良いものです。妙に自分を飾ったりすることはなく話さなくてもいいのでは?と思うようなことも明るく話してくれます。新庄さんを見ていると自分が細かく考えて悩んだりしていることが馬鹿らしくなり元気を貰えます。http://www.sleeekingenting.biz/musee-muryo.html

遠くにいるお嫁にいった娘に、あと何回会えるかとも思います。

お嫁に行った娘が親の家の近くに住んでいるのと、そうでないのとではお互い生活の感じが違うと思います。

遠くに娘家族が二家族いるのですが、そのために私の生活がゆっくりできると言う利点もあります。

でも船に乗って行くと着くなど、新幹線でいかないと行かない等となれば、あと私がこの世にいなくなるまでにあと何回会えるかという問題となります。
本当に結婚した子供が親と離れての家となれば、さみしさも感じるものです。

この事に娘は「お母さんが近くに居れば、3人の子供がいることで少しの留守番をしてくれる事で、いいのに」と言うのです。

親ならば娘達の忙しい子育てに、少しでも手伝いをしてあげたいものです。
でも親子の家が離れていたとなれば、手伝いなど出来ないのです。

たまたま泊りがけで、娘宅にいっていた場合には、少しの手助けができます。

いくら私の身体が動きの悪いものではありますが、娘の近くに居る際はお口でだけででも娘の手助けができるものです。http://www.rentmatch.co/

魔力剣探し!『スレイヤーズ9 ベゼルドの妖剣』

神坂一さんのライトノベル『スレイヤーズ9 ベゼルドの妖剣』。富士見ファンタジア文庫より平成7年6月25日に初版が発行されました。『一、魔力剣 お前は一体どこにある?』『二、ベゼルドに デーモンたちの陰見えて……』『三、ほれ急げ 早い者勝ち魔力剣』『四、そして今 眠れる剣が 目を覚ますーー』『エピローグ』で構成されています。
魔道士のリナ=インバースと旅の連れガウリイ。ガウリイが元々持っていた伝説の光の剣を、リナが関わった事件により失ってしまった。そのため、光の剣に変わる伝説の魔力剣を見つけるために共に旅を続けているリナ達。そんな中、ベゼルドに魔力剣があるとの噂を聞き、向かうことに。
魔力剣について何か知っているのではないかと思われる女の子・シェーラに出会った。同じく魔力剣を狙っているルークとミリーナの2人にも出会った。
魔力剣の有りかに向かう途中、何者かにシェーラが連れ去られる。シェーラの居所を突き止めるが、シェーラの様子がおかしい。リナはシェーラの正体に気づいているようだった。

世界の進化・AIの可能性。その可能性はまさに無限大。

最近AIという言葉をテレビや雑誌などでよく目にする機会があると思います。
AIは平たく言うと、人間の知的能力をコンピューター上で実現する技術などを言います。ビッグデータというあらゆるデータから答えを導き出すので驚異的な技術です。
みなさんがいろんな分野のアンケートに答えたり、インターネットを見て検索したりしたものが分析されて、人の心理や行動がパターン化されてきます。そのパターン化された膨大な数のデータが蓄積されていきます。さらにパターン化された新しいデータから未来につながるデータまでも予測するようになります。
AIが世界最強騎士を圧倒したニュースを見られた方も多いのではないでしょうか。最近では、医療分野でがん細胞まで特定する技術が生まれています。また、AIによって人が必要となくなり、たくさんの職業が減るという問題が大きく取り上げられています。
私たちの仕事は、通常景気が悪くなると仕事が減ったりすることがありますが、AIでは仕事が減ったら人はどのように行動するかまで予想します。たとえば、景気が悪くなると消費者は節約志向に移りますが、その際に売れる商品などを予測します。売れる商品をデータ化して該当する店舗などに売り出せば莫大な利益を生むことは間違いありません。まさにAIはどんな状況にも対応できる無限の可能性を秘めているのです。脱毛ラボ 48箇所

相撲界に新たな暴行事件発覚、相撲界の今後を憂う

相撲界にまた激震が走った。
春日野部屋に属していた元力士が弟弟子・矢作嵐さんの顔を殴り、傷害罪で起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していた問題が発覚した。
またも隠蔽体質が明らかとなった相撲界に、がっかりした相撲ファンも非常に多いことだろう。

被害者の矢作さんは全治一年の大怪我を負ったために、仕事も思うように就けず、さらに怪我の影響により味覚神経がやられてしまったために死ぬまで味覚障害が残ると医者から言われたというから、もはや暴行ではなく殺人未遂の域ではないかと驚いた。
現状では相撲協会は公益財団法人に認定されているが、貴ノ岩への暴行問題に関してもまだ決着がついていない中の新たな暴行問題の発覚。
日本の誇るべき文化の一つと言っても過言ではなかったはずの相撲が、いつからこんなスキャンダルだらけのスポーツになってしまったのだろう。
さすがに、自ら公益財団法人を降りるべきではないのかと思うのは私だけだろうか。おまとめローン メリット

まずは冷静になれはしっかりとした人に掛ける言葉です。

まだしっかりとした道徳観を小さい頃に学んできた人ならどこどうなったらいけないとか何は悪いことでいいことだということが冷静になれば思い出せると思います。しかし、それがないから厄介なのです。冷静になってもそれが素だとどうしても捕まっても悪いことをして咎められてニヤニヤしてみたり自分が怒られてることにまったく気が付かないというかいい方に解釈してしまうのです。それがパーソナリティ障害といわれています。これは非常に怖い精神的な病気で自分が思うように行かないとそれだけでもうすぐに癇癪を起してそれだけで制御が利かず収拾がつかなくなるのです。それで犯罪を犯したり人を平気で傷つけたりするようになったりするのです。いわば災厄の精神的な病気といえます。これ等は全てもって怖いというかどうしてこうなってしまうかにあるのですがそれは親からの遺伝にあるといわれています。小さいころから親の汚い部分やズルいところばかり見て育ってしまいそのまま大人になってしまったからと考えられています。

中学時代の後悔が今の私に素敵な趣味を与えてくれた。

私は、中学生の頃に家庭科の授業でカギ編みというものを習いました。
当時、私は不器用で決められた期限内まで完成させることが出来ませんでした。
あれから何年も経ち、たまたまテレビでカギ編みの特集がやっていて、見ているうちに未完成のレース編みのことを思い出しました。
次の日、私は近所の手芸屋さんに行き、レース編み用の糸を買いました。
YouTubeのレース編みの動画を見ながらレース編みを始めたのですが、不思議なもので、あれから何年も経つのに編み方を覚えていました。
大人になってから私の手先は器用になったようで、2週間で直径20センチのレースが出来上がり、達成感がすごくわきました。
それ以来、私はすっかりカギ編みにハマってしまいました。
最初は、リボンや正方形のコースターを作っていたのですが、今はペットボトル入れや編みぐるみを作れるようになりました。
中学生の頃の私が、レース編みを完成させていたら、大人になってからこんなに素敵な趣味が出来なかったと思います。
未完成で終わらせた中学生の自分に感謝したいです。

« Older posts